現在位置: HOME(1)講義録一覧(2) >定例講座スケジュール

WEBアクセシビリティ対応

NPO法人神田雑学大学 2014年定例講座スケジュール


入場無料。原則としてお申込み不要。
●日時 毎週金曜日午後6時 入場無料・参加自由 25年度会員(年会費1万円)募集中
●場所 下記の案内中に掲載がない場合は、ちよだボランティアセンター 
(JR水道橋駅から白山通りを神保町方面へ約5分、千代田区社会福祉協議会3階会議室)
http://www.kanda-zatsugaku.com/


●4月18日 千代田図書館共催 
No.692 「本当に不運だったの?『方丈記』の作者・鴨長明の人生を読み解く」
講師 磯 水絵いそみずえ(二松学舎大学文学部国文学科教授)

鴨長明の人生には多くの挫折がありました。下鴨神社の神職の家に生まれるも跡目争いに破れて失職。神職につく機会が訪れるも直前で白紙に。その後、京から遠く離れた鎌倉に赴いたのは、就職活動のためと言われていますが、結局、都に戻ります。『方丈記』に「わが身の不運を悟った」という表現が見られ、不運だといわれる長明ですが、彼にまつわる逸話からみると、不運ばかりではなかったことがわかります。時代背景を踏まえ、長明の人生を読み解きます。
千代田図書館9階=特設イベントスペース40席(事前申込不要・当日先着順・立見可)
http://www.library.chiyoda.tokyo.jp/information/20140224-12367/

●4月25日 No693 「盲目の学者 塙 保己一はなわほきいちの生涯 史料文献集『群書類従』とは」講師 齊藤幸一(社団法人温故学会 第4代理事長)
塙保己一は、江戸時代中期に活躍した盲目の学者です。日本全国から失われつつある文献を集め、記憶の中に納め、数万冊から後世に残すべきものを666冊の本に編纂しました。その普遍の価値とは・・・・・!

●5月2日 連休中のため休講 

●5月9日 No694 「自然にふれて、心トレ! 筋トレ! 念願の百名山踏破から得たもの」 講師 石井晴美  
のどかな自然環境に生まれ育った「おてんば娘」が、ある挫折から立ち直るため、日本百名山踏破の夢を10年かけて、ついに達成! 山登り、100キロウォーク、さらにレガッタ大会から得たものについて、撮りためた写真とともにお話します。

●5月16日 千代田区民講座 No.695 「日本は海洋資源の宝の山」 
講師 小原 英樹

(パートナーズ不動産コンサルタンツ株式会社代表取締役、NPO法人神田雑学大学会員)
日本は、国土面積は世界62位ですが、領海は世界6位という世界有数の海洋大国です。石油(原油)1200億バレル、天然ガス(LPG)4000億?、メタンハイドレート(液化天然ガス)7.35兆?、さらには火山活動によって濃縮されるらしい海底熱水鉱床(レアメタル)5000万トンなど、日本の海洋資源量・推定埋蔵量は実に豊か。そのほか水産資源や風力やバイオマスについては無限大。日本は、海洋資源の宝の山です。こうした事実は、私たち日本人のこれからにとって、たいへん大きな力となることでしょう。日本の海洋資源について永年研究されてきた小原講師が、さまざまな資料・データを駆使してお話します。 
千代田区立日比谷図書文化館 4階スタジオプラス ホール(定員60名) 19時開演 
参加予約03-3502-3340  メール:college@hibiyal.jp (お名前・お電話番号)
 http://hibiyal.jp/hibiya/access.html

●5月23日 No696 「浮世絵とジャポニズム」 
講師 芳野健二 (美術史研究家)

美術展や雑誌に浮世絵が盛んに特集されるなど、世はまさに浮世絵ブーム。大英博物館では「春画展」が開催され、北斎が「人類史上最も偉大なる人物」に日本人として唯一選ばれています。「東海道五十三次」をご覧いただきながら、モネやゴッホに影響を与えた「ジャポニズム」について振り返ります。

●5月30日 No697 「日本には水田がある」
講師 長田竜太(おさだ農場「元気米」生産者、日本キヌカ代表取締役)

食と健康へのこだわりから、有機質肥料100%の米作りを行い、補助金に一切依存しない完全無借金経営を実践。コメ糖の有効利用に注目し、特許庁特許流通促進事業の国内第1号として国有特許実施契約を締結。「玄米ギャバ」、自然塗料「キヌカ」などを開発。「人と環境にやさしい商品」部門で2年連続受賞するなど、各方面から大きな注目を集めている長田講師の登場です。


企画運営・お問合せ 090-8848-9066 吉田源司 (NPO法人神田雑学大学統括理事)


現在位置: HOME(1)講義録一覧(2) >定例講座スケジュール




個人情報保護方針アクセシビリティ・ポリシィ著作権、掲載情報等の転載、リンクについて連絡先

Copyright (c) kandazatsugaku Organization. All rights reserved.